日々のたんなる記録とか


by gilarmin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

一月二十二日

記念すべき、記事数100。少ない睡眠時間を経て午前十一時、まずは駅近くのローソンにて、購入したDVDの前払い。そして首都へ向かう電車に乗る。予定してた、映画「雲のむこう、約束の場所」の鑑賞を、映画館に到着した時点で既に受付終了だったためにあえなく断念。残念。七時開演のライブまで、正確には当日券が発売される五時まで、東京在住の友達と時間を潰す。新宿で落ち合い、最初はだらだらと新宿二丁目でも行こうか?などと話してたりしたが、時間が意外となかったので当初の目的を果たすことにした。御茶ノ水にある、史上最強の音楽CDレコードレンタル屋、「ジャニス」へ歩を進めた。そこに着くなり友達はすごく驚き、喜んでたと思う。俺は、shing02 「歪曲」、mum 「summer make good 」、 downy 「無題」、LUNCH TIME SPEAX 「 B:compose 」、東京ザヴィヌルバッハ 「a8v on the Earth 」、大友良英+竹村ノブカズ 「ターンテーブル・アンド・コンピュータズ」を借りた。友人は、サンプリングCDをたくさん借りてた。何でもそれらは一枚あたりの値段がハンパ無いので、こんなに安値で借りることができて嬉しいらしい。よかった、紹介した甲斐があったわ。そんなこんなで時間がだいぶ経ち、いざ再び渋谷へ。当日券を無事購入して、開演までライブ会場があるデパート、クアトロでのフットサル用品の売り場を丹念に見て回ってました。パトリックのフットサルシューズがあることに驚き、次回はこれを購入しようと密かに誓いました。幾ばくかの時間の後、いよいよ開演。一発目にワールズエンドがおっぱじめやがって、いきなりメインディナーをだされて多少焦りました。その後、外人バンド、monoと続き耳をいい感じで爆音で犯されて、午後十時半頃にフィナーレを迎えた。帰る途中の電車内で、コナン・ドイルの「緋色の研究」読了。家には十二時半に着き、そっから今度は大学近くの、くいだおれ、という地域内にあるbuzz barというところでもイベントに行く。すごく眠たかったが、誘ってくれたDJさんには絶対行くと言っていたので、顔を出す程度に行こうかな、と思い車を走らせた。結局、三時過ぎまでいた。疲れた。眠い。寝た。
総額、約一万五千円の出費。
羽を伸ばしまくった一日が、終わった。

借りたCDで一番最初に聴いたもの
shing02 「歪曲」
[PR]
by gilarmin | 2005-01-24 01:40 | 日記