日々のたんなる記録とか


by gilarmin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

二月二十三日

起床した時、家に誰もいなかったんでゆっくりと映画でも観ようと思い、「偶然にも最悪な少年」を再生。が、ちょっとしたら母が友人を連れて帰宅。やむなく中断。代わりにまだ全部見てない「サムライチャンプルー」を鑑賞。

水曜日恒例のフットサル練。しかし、今日は母上の誕生日。先週の18日が父上の誕生日であったが、今日そろって祝うために練習途中で帰宅。花をあげようかと考えたが、絶対父が買うと想ったのでやめた。実際買ってたし。代わりに途中でワインを買う。月が綺麗だった。初めて、家でお酒を二杯以上呑んだ。もちろん、両親の前で泥酔は避けたいので大量には呑んでないが。父は脳を、母は優を俺に与えてくれた(そう信じたい)尊敬できる人たちなんで、祝い足りないくらいではあったが、楽しげに、いつもより饒舌に談笑した。

その後、昨日の夜から読み始めてた阿部和重の「グランドフィナーレ」を読了。毎月読んでる文藝春秋の今月号にたまたま載っていて、友達から阿部和重は面白いと薦められていたので読んだのだが、確かに面白かった。主人公がロリコンという設定がまたなんというか。エンディングの意味がよくわからんかったんでもう一度読み返すかな。

月を見て、想う唄
 ラルクアンシエル 「静かの海で」
[PR]
by gilarmin | 2005-02-24 00:53 | 日記