日々のたんなる記録とか


by gilarmin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

五月十三日

行ってまいりました、水戸のbubbleというクラブハウス。
標的は日本が誇るヒップホップアーティスト、DJ KRUSH!!!!

知り合いの人に置きチケットを頼み、当日なのに前売りと同じ値段の三千五百円で入場(eyeさん、fukudaさんに感謝!)

イベントの開始時刻が午後九時からだったけど、場所が水戸、しかも同行者は今回はなし(まあ現地には知り合いは何人かはいるが)、ということで最初から行くことはないかなと思い、七時くらいまでは学生の本業に就労。十時に家を出発しました。

高速を使わずにゆったりと、夜だから混んでないだろうし国道六号を北上しようと思ってたら渋滞に捕まり、少々のタイムロスを味わい、到着したのは十一時半。

入って一番最初に聴かされた音は、DJ fukudaのかっちょええ~音。やっぱりこの人はいつ聴いてもいいなぁ。

その後、現地で会った友達にクラッシュ兄さんはいつやるのか、などを軽く会話して心の準備をする。一時からということで否が応でもテンションは上がる。上がり続ける。

そして!前方には人だかり!ついに来た!クラッシュ兄さん!極道上がり!

最初は全然姿を見ることができず、ただただ彼が流す一級品の音世界に身を委ねる。出だしからもう最高にかっこえー。DJブースを前にした、右45度から熱心に聴き入ってました。

この人に対する印象は、前々から勝手にある人物に重ね合わせていた。今回はそのことは省略。

曲の途中、突然音楽がストップ。どうしたんだろう、と思ってたらトークタイムがはじまりました。
「俺、実は茨城の出身なんだよね」
!!何!
最初は生で聴く声は思ったよりも高いな~とかぼんやりと思ってたら、内容が内容じゃないですか!びっくり!高萩とかそんなもろもろの固有名詞がオンパレードですげぇうれしかったですよ。そんでもって、今日はアルバム「寂」以降の新曲をやるとかいう話もさらっ、と言われて、もう狂喜乱舞でした。

そこから最後まではもう一気に時が加速していきました。
時間感覚がなかったですね。

帰り道の記憶もあまり無いです。ただ帰ってきて寝たのが朝五時だったのを軽く覚えてる程度。素晴らしい夜でした。

今宵のDJ KRUSHライブ、ラストソング
 DJ KRUSH 「 Still Island 」
[PR]
by gilarmin | 2005-05-16 00:14 | 日記