日々のたんなる記録とか


by gilarmin
カレンダー

<   2004年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

十二月三十日



ここ一ヶ月、いや、数ヶ月でも一番の明鏡止水な感じの一日を過ごすことができました!自分でもびっくり!昼に起きて一応大掃除というか、自分の部屋くらい片付けようと掃除。その時に、借りてたDVDを返してないことに気づき、こういうのは年内にきちんとしなきゃいかん!という思想の持ち主なんで即実行。貸した当人の、別にいいですよ、を無理やり振り切り返却。だけどいいことありましたね、そこで話の流れからなぜかお年玉ということで(ほんとは俺がやらなきゃいかんのでは?)アルペンの二千円分の金券をもらいました!まずは頼まれた空気入れを買って、残った分で俺のニューフットサルシューズ、略してニュフシュを買おうっと。んで、その時の会話が長引いてたんで、というか長引かせて楽しかったんだけど、人を待たせてました(竹高のTさん)、やばい、きれられる!とちょいびびりながらね。そう、今日のメインイベントは1999年度卒業竹園高校サッカー部忘年会!九人参加でなかなかのレアキャラもいつつ、とても楽しかったですよ!まぁ前日は俺は果たして行くのか?という感じだったんだけど、行ってみたら、そこは青春時代をともに過ごした戦友たち、今はそれぞれ社会に出て働いていたり、来年からバリバリ働き出す就職組なんかの人たちと話せてとてもとても刺激を受け、俺ももっとがんばろう!と真面目に思ったり、またみんなとても楽しくてずっと笑いっぱでしたね~。もうほんと、みんなマジリスペクト!でも俺の髪型を見て、現沖縄在住の人に「おまえ秋葉系だな~」と言われたときには殺意がほとばしりましたけどね。ふざけるな、名誉毀損だぞ!、と。でもまぁ確かに髭くらいは剃るべきでしたね。呑み会自体はいつもの某サークルのときとは雰囲気はまた違った楽しさで、また基本的に今日はビール主体だったんで、二回の嘔吐ですんでよかったです。あ、そういえば久しぶりに楽しい酒を呑んだなぁ。話ではこれは毎年12月の30日の恒例の行事にしようと言ってましたが喜んで同意いたしますわ!こりゃ、某サークルの新年会(一月六日だっけ?)も楽しみだ~。しかしあれだ、昨日一人で淡々と体育館で走りこみしたりして己の鍛錬(特に精神のね)を行ってるとき、すげぇ皆でフットサルをしたくなって、初蹴りが今から超たのしみです!俺にとって新しい門出が今日始まりました!
もっともっと強くなりたいっす、人間的に!

あ、そうそう、北の人へ。
あなたが圭や甲斐に与えた情報、間違ってますよ~
彼らには間違ってることだけ言って本当のことは教えてないけどね。

いろいろ乗り越えたんで,聴きまくったBGM
 ラルクアンシエル 「Feeling Fine」
[PR]
by gilarmin | 2004-12-31 05:54 | 日記

十二月二十八日


破壊衝動が激しく沸き立ち、それに支配されっぱなしの一日でした。幸い、何も誰も壊すことなく安全に終えることができました。無事にやり過ごせたのは音楽があったからと思われます。またしても音楽に救われました。音楽だけは僕を拒まずに見捨てずにいつも優しく暖かく見守ってくれます。感謝。ん、やばいな、何か危険思想の持ち主的な文章だな。以上、嘘日記でした。一回書いてみたかった。まぁ機嫌はあまりよくなかったけどね。

以下、本日記。
昼はサークルの後輩S嬢にDVDを借りて、それを見ました。夜は今年最後の家庭教師。今回は開始一時間はずっとコンデンサについて熱く絶え間なく語ってました。そういえば終わったあとのティータイムの時に珍しくサッカーの話がなかったなぁ。いつも俺がしゃべりだすが、今日は向こうに話しの先手を打たせようと思って黙ってたら真面目な話をしてきてびっくり。やっぱり受験生ですね。センターまで残り少ないが悔いの残らぬよう、頑張ってもらいましょう。

回復の起爆剤BGM
 ラルクアンシエル 「自由への招待」

一日で四十リピートぐらいしたかな?
一番のさび、安易な表現だが抜群に良い
[PR]
by gilarmin | 2004-12-28 23:44 | 日記

十二月二十七日

自身が所属するサークルの最高年齢者、偉大なる大先輩、現M2の藤門さんが行う実験の被験者に参加しました。たぶん、俺が一発目だったと思われます。おもしろかったですね、はい。

BGM
 ユニコーン 「ザベリーベストオブユニコーン」
[PR]
by gilarmin | 2004-12-27 22:44 | 日記

十二月二十六日

起きて飯喰ってまず図書館へ。年末のため今日までしかやってなく、昨日も行ったがぎりぎりの冊数まで借りようと思いいざ行ったら10冊まで借りれるということが判明して、バッグがパンパンになるまで本借りてきました。もう自分の物語にうんざりして希望をもてなくなって他の物語に逃げようと本を借りてたillであった昨日と違い、単純に年末年始読みふけろうかな、っつうことで。あ、CDもいっぱい借りましたね。いいですね、無料は。

研究室へ。先輩にTexについて質問。

四時半頃に飯を喰い始めて五時に今宵ともに命を預けあう戦士たちと合流、いざ出陣。やってまいりました、ピュアネスフットサル土浦。五チームによる総当りのフットサル対抗試合。主催者のブラゼンチン(以下ブラチン)、レタドール(以下レタ)、ボンボクラ(以下ビブス、ユニを着てなかったんで)、そしてボアソルチ(以下ボア)。いずれのチームも我々以外は県リーグに所属。ボアのみ一部でぶいぶい言わせてます。他は二部で。個人的に言うとこの試合群はちょいと不安でした。水、木の体育館練習をさぼって、もとい、行ってなかったんで先週の日曜のmix以来の運動。しかもめちゃくちゃな生活してたんで身体が動くか不安だし直前情報だと人数少ないっぽいし。でもけっこう来ましたね、人は。んで六時十五分からの一発目ということで体育館に入って荷物置いてすぐにアップ。初戦はビブスチーム。事前情報では今日来るチームの中では、県リーグの試合結果から推測したとこ、一番弱いのでは?ということ。いざやってみると確かにテクニックはうまかったですね、ただうちら的にはもっとガンガンしかけてこられるほうが嫌なんでこの程度なら、ということであまり恐怖は感じず。半田さんの落としを安部さんが決めてくれて我らがイリーガル先制!一度追いつかれるも二年の鈴木が決めてくれて勝ちました、はい。二戦目。VSブラチン。負けました。スコアは覚えてないんで気になる人はイリーガル公式サイトにて確認を。内容は全然、完敗というわけではないけどやっぱうまいですね。フットサルやってる、って感じのうまさ。俺自身はパスが通らずにカットされる場面が多かったような。三発目のボア戦は、これも負けたけど一番悔しかったかな。俺がでてないときに点をぽん、ぽん、っと二点決められて。こちらもチャンスが全くなかったわけでなくて、惜しかったのになぁ。俺が今日は来ると予想してたうまい人がいなかったからもしれないし、昼にも試合をやって疲れてたからかもしれないけど、以前の練習試合のときよりもいい試合ができてたと思う。またやりたいな、こことは。そんで最終戦、レタとの対決は、・・・これも負けたんだけどあんまうちらがよくなかったかな。確実に向こうのほうが的確にちょい浮かしのパスでどんどんピヴォに当てて攻める、という攻めの形ができてたし。

以下総括。個人的に考えたところ、ブラチン、レタとそんなに差は感じはしなかったが全体的な総合力と言う点では負けてるように感じた。いや、負けてるというものでもないような気がするが、それなりにうまいっす。ここを頭一つ抜けてたボアに早く近づき、追い抜いて行く日を夢みて頑張っていきたいですね。卒論と平行して。

図書館から借りたアルバムその壱
 空気公団 「融」
[PR]
by gilarmin | 2004-12-27 03:44 | 日記

十二月二十五日


ちょいと心を取り戻す旅に出てました。いやー、例えば23日とか何をしてたのかほんとに覚えてないや。そうだ、フットサル練を体調不良でとてもできる状態じゃなかったんだ。バイトも無断欠勤してたし。それを気づいたのが次の日だし。あーお勉も全然進んでないや、やべー。でもようやく帰還、かな。よかった明日のフットサルの対抗試合に間に合って。最悪のケースは免れました。またボアソルチとやれるのが楽しみ。向こうもこっちも前回とはメンバーが違うし、どっちも前回よりもたぶん強くなってるからさてさて、どこまでできるのことやら。他のチームも県リーグ二部所属だから、来期県リーグ参加希望の身としてはそのレベルがどれくらいなもんかというのもすごく気になるしね。

さて、クリスマスネタ。去年はディケンズを読んでました。「クリスマス・カロル」を。今年もそーいう風にしてみました。今回は、佐藤友哉(サトウユウヤ)の「クリスマス・テロル」、同じく小説で攻めてみました。内容が全然違うけどね。あからさまなクリスマスソングは嫌だったんで、エンヤなんかをBGMにしたりしながら。最近、本を読むペースが急降下なんでそれに伴い読む早さ、というかまぁ今日の場合は集中力の欠如かな、こんときはまだローの真っ只中だったから、が遅かったんで量のわりに時間がかかったなぁ。途中で寝たり、世界ふしぎ発見を垣間見たりしてたから、結局四時間くらいかな?内容は、別途記述の方向で。

あ、トーゴ、浦和、残念だったね。試合は後半の磐田が決勝点を入れる直前から見たよ。
こんなサイトを見てないと思うけど、トゥーリオ、ヴェルディ決勝に行くなんてすげぇ久しぶりなんじゃない?よかったねー。
あと。しおり&ゆり、日本武道館はどうだった?楽しかったかな?もし、本当にもしよければ、またいつものように感想を聞かせてもらえたら嬉しいな。

寝てるとき、聴いていてとても気持ち悪くさせてもらったBGM
 エイフェックスツイン 「 I care because you do 」
[PR]
by gilarmin | 2004-12-26 01:55 | 日記

十二月二十一日

今宵は研究室の忘年会。四年生歓迎会以来の久しぶりの研究室での呑み会。とっても楽しかったですわ。某サークルのような激しいのでなく、それでいてほろ酔いのいい気分で。紅一点の人を酒の勢いでいじってみたり。だっていきなり夏祭りなんかで売ってるいか焼きを棒で刺したおもちゃみたいなのを披露するからさ。七時からの二時間、自分勝手で過ごした楽しいひと時でした。家に帰って中学からの友と三時間を軽く越える電話。それから、本日は冬至ということでゆず湯に入りました。いいにおいでした。ふむ。明日も頑張ろう、と思いました。

昼、ヘビーリピート
 フィッシュマンズ 「宇宙・日本・世田谷」
[PR]
by gilarmin | 2004-12-22 04:07 | 日記

十二月二十日

最近愚痴が多くなってきて憂鬱になる一方です。さて、年の瀬も押し詰まった今、やり残したことの処理をそろそろはじめようかと思ってます。いろいろあって大変そうで、これが憂鬱の原因の大部分のような気がしてきた。やらなきゃならんことが多いので頑張りますかな。いかんなー今日は「憂鬱」という字が二回出てきてるわー。

BGM
 なし
[PR]
by gilarmin | 2004-12-20 18:57 | 日記

十二月十九日


いつの間にか研究室のソファで寝てましたわ。今日はフットサルMIX大会。いろいろな問題を含み、俺は当初は全く出る気がなく(ブラックリストに載ってたので出れない)、どう変装して見学をしようかとか悩んだところ、金曜に堂々と出場できる旨を聞いてやる気満々で今日という日を迎えることができました。が、個人的には非常に駄目駄目なプレーの連続で女性陣の皆々様たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。みんなあんなにがんばっていたのに、もっともっと力になってあげるべきだったのに。不甲斐ないっす、自分。大会自体は決勝でとんでもないチームと当たって負けて、割と悔いはない残らない感じだったけど、やっぱ一矢報いたかったです。俺が二点くらいはずしてたけどね。その後の呑み会も暗い気持ちを引きずったままだったけど、そういうのを出さないように一応がんばったつもりだったので、楽しく呑めました。残念だったのが、ついに禁煙連続記録が途絶えてしまったこと。甘~~い誘惑をある二人からかけられ、悔しくも挫折。あーーまた一から積み立て貯金しないと。んで他にも試合が駄目だった他にショックだったことがそこでもありました。俺はある人から全然認められてないんですよね、中途半端とか言われて。今日はその一言によってたぶん枕を濡らしそうです。俺がこんなにも大好きなのに。想いを伝えるのは本当に難しいです。でも、いつの日か必ずや。そんなこんなが一時半くらいまでだったのかな、研究室に帰って、呑み会に行く前に走らせてたプログラムの結果を見て、また走らせてとかやってるうちに、冒頭のようなことに。あー今から家帰るのめんどくせー。というか明日の昼からの体育が一番めんどくせー。

車の中のBGMかつ今日のチーム名(大会本部の人からレアルと呼ばれた)
 ラルクアンシエル 「 REAL 」
[PR]
by gilarmin | 2004-12-20 04:37 | 日記

十二月十八日



憂いが完全に消えない今日この頃。今日は久しぶりに楽しげにフットサルを、土曜のサークルに参加しました。んで、そのサークルのジャーマネがセカチュウがどうとか何か言ってたからちょいと釘をさしてあげました。チミチミ、本、ドラマ、映画だけじゃ全制覇とは言わないのですよ、と。そんなんじゃまだ甘いぞ、と。ラジオドラマというものの存在を知らないのですか、と。まぁ俺はセカチュウには全く関係ない生活を送ってたんで偉そうなことを言えないですけどね。本もドラマの映画も観たこたぁありやせん。ただ、ラジオドラマだけは持ってるんですね。なぜか。その理由は至極簡単なもので、宮崎あおい関連のものを集めてたらそのなかにたまたまあったんですよね、はい。明日にそのマネージャーに上げる約束をしたんでその準備をしつつ、せっかくだから聴いてみて初めてセカチュウワールドに触れました。そんな一日の締めくくりをしてました。

それでもやっぱり今日の気分に合うBGM
 森田童子 「ぼくたちの失敗 ~森田童子ベストコレクション~」
[PR]
by gilarmin | 2004-12-19 00:47 | 日記

十二月十七日

素敵な夢を見ました。だけど憂いのほうが強い一日でした。大学実家通いにとって一番憂鬱なことを痛感しました。遊びに誘われないんですよね。呑みとか。今宵は大学近辺のすきや前の友達の家で話し込んでて、その友がバイトだと言い、まだまだ話したりないが、友達の少ない身分、他をあたるあてもないのでしょうがないから家路へ。それで今ネットをだらだら見てたらなんかサークルで、少数だけど呑んでるという報告書があるじゃないすか。非常に加わりたかったなぁ。でも誘われない理由は別に実家通いだからでなく、人間的な問題(呑み会での自分、非常に影がうすい)ではないかと思い納得。まぁここにこうやって書けるぐらいなんで、たいしたことではないんですがね。最近楽しく酒呑んでないからかな、こんな気分になるのは。

BGM
 森田童子 「ぼくたちの失敗 ~森田童子ベストコレクション~」
[PR]
by gilarmin | 2004-12-18 04:43 | 日記