日々のたんなる記録とか


by gilarmin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

邂逅2

(mixiからの移植)

(邂逅1の続き)

演奏終了後、指にはさんだピースに火をつけようと(値上がりしても禁煙できません!)、カウンタのほうに火を借りに行きました。

演奏中は隣の人に火を借りていて、カウンタ近くにいたその人がそんな俺に気づいたのか、再び火を貸してくれました。

そして火を借りた後に、会話を始めたら、なんとそのお方はmixiの「こせのりこ」コミュの管理人の方ではないですか!

メールなどで何度か連絡はとったことがありましたが、直接お会いするのは初めて。

会話の途中、管理人さんのほうから「もしかして、はんださんですか?」
と聞かれたときはびっくりしましたけど、覚えてくれてくださって、うれしいやら恥ずかしいやら。

今日のコンサートで、管理人さんには一言挨拶をしておきたいな、と思っていたので、それはすごくよい偶然でした。

驚きと喜びはこれだけにとどまらず、なんと、その後、巨勢典子さんご本人を交えてのトークが開始!

なんというか、こういった憧れの人と話をするのはどうにもこうにも緊張しますね。

以前、フットサル日本代表のキャプテンにサインを求めた時に交わした会話とか、これまた尊敬する学者、茂木健一郎さんと初めて会話したことなどの時と同様でした。

巨勢さんも、俺のことを管理人さんを通して少し知っていたらしく、ものすごくうれしかったです。

俺のあまり賢くない質問にもきちんと答えてくださって、感激しました。

何より、巨勢さんは気さくで面白く、素敵な方でした。
また是非機会があれば、お話がしたいです。


mixiを通して、知ったコンサート情報。
そしてmixiを通して、知り合うことができた人々。

今日、初めて出会った人たちとの素晴らしい出会いを演出してくれたmixiに感謝。


「こせのりこ」公式ホームページ (試聴可)
http://www.geocities.jp/sitekosenori/

こせのりこさんのコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=427260

赤城カフェ
http://www.akagijinja.or.jp/shrine/cafe.html

赤城カフェのコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1036299

コメント
牛込のOga, 2006年07月16日 18:20
こんにちは。

昨晩はお会いできてとても嬉しかったです。

帰られた後も
「ハンダゴテ」さん嬉しいな~
って巨勢さん言ってました。

ハンダさんの日記すばらしいので
巨勢さんに転送してもいいですか?
喜ぶ顔が見えてきます。

茂木さんの話も出てましたが
(そういえば以前そんな話しましたっけ)

昨晩来ていた友人も
私と一緒に
茂木さんと松岡正剛さんとの対談企画した人間で

一時期2ヶ月にいっぺんは茂木さんとも会ってましたね。
最近は有名になっちゃったけど(笑)

今度お会いした時そんな話もしたいですね。
はんだ”涅槃”てつや 2006年07月17日 12:17
>牛込のOga,さん

こんにちは。
「ハンダゴテ」、確かにそうおっしゃってましたね(笑)

日記の巨勢さんへの転送の件ですが、ものすごく恥ずかしいですけど、大丈夫です。ぜひお願いします。

それでは今度お会いできることを楽しみにしています!

茂木さんのお話など、いろいろお話しましょう!
[PR]
by gilarmin | 2006-07-16 03:00 | mixiでの日記

邂逅1

(mixiからの移植)

今日は素敵な出会いがありました。

東京・神楽坂にある赤城神社。
その境内にある赤城カフェ。

本日は、ソロピアノで綴る「夏の夜の物語」と題しましてピアニストの巨勢典子(こせのりこ)さんのコンサートが行われました。

何度か巨勢さんについてのことはこのmixi上でも書いてきました(Nujabesと絡めて)が、そんな巨勢典子好きを自認していたくせに、まだ巨勢さんの生の音に触れたことはまだありませんでした。

何度かコンサートに行く機会はあったのですが、直前で駄目になったり、フットサルの試合で行けなかったり、といった状況がずっと続いていました。

しかし、今回は大学は夏休み(あってないようなものですが…)、しかも料金はお得な二千円、極めつけは神社の中のバーといった絶好のロケーション、これで行かない手はない、とこのコンサートの情報をmixi上の巨勢さんのコミュニティで手に入れた時から狙っていました。

それでも、研究のほうやらなんやらの雑多なことに追われ、きちんとこのコンサートに参加するぞ、と決めたのは結構遅かったです。


そして、今日。

本当に素晴らしい一日でした。
今宵、起こったことはなかなか忘れられない思い出になるかもしれません。

演奏は、「波間へ」や「神有月の風」、「Landscape」「ララバイ」などの大好きな曲が。

特に「Landscape」は巨勢さんの音楽に出会うきっかけとなったCD「toki」に収録されている曲。感慨深いものがありました。
本音を言えば、そのアルバムで一番好きな曲「流転」を聴きたかったですけど…(これは本人にも言いました)

また、演奏風景がとてもよかったです。
今日も確かに暑かったけれども、カフェの窓からは風が通り抜け、気持ちよかったし、カフェということで食事も楽しめるため、いいにおいが立ち込めて聴覚だけでなく、嗅覚も同時に刺激される、といったシチュエーション。

キーマカレー、おいしかったです。

演奏中、思ったこと。
ピアノは先週も聴いたけど、ピアノという楽器の音は人の記憶、思い出を優しく刺激してくれるものだな、と感じました。

今回も、小学生の頃のことから最近のことまで、いろいろなことを曲を聴きながら思い描きました。

ピアノという楽器の音は優しい音、激しい音、寂しい音、嬉しい音、…と様々な音を届けてくれるからでしょうか。
それはまるで、人の人生のようだな、と思いました。

そんなことをぼんやりと思いながら、長いような短いような時間を過ごしました。
[PR]
by gilarmin | 2006-07-16 02:55 | mixiでの日記