日々のたんなる記録とか


by gilarmin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

きた

茂木健一郎さんのブログを見た。

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/

また本を出すみたい。

江村哲二さんとの共著『音楽を「考える」』
(ちくまプリマー新書)、及び
梅田望夫さんとの共著『フューチャリスト宣言』

と書いてあった。


『音楽を「考える」』が5/7、『フューチャリスト宣言』が5/9に発売だとか。
これは買わねば。


もうひとつ、我が故郷のつくばのネタがあって面白かった。大学にまで来てたとは。つくばエクスプレスに乗るのが初めてだとか。

思えば、直接茂木さんとお話をすることができたのもつくばの国際会議場だった。
もう遠い昔のようだなー。

BGM
ATARI TEENAGE RIOT 「DIGITAL HARDCORE」
[PR]
by gilarmin | 2007-04-29 08:55 | 日記

うー

職場の同期に、俺と同じく宮崎あおいの素晴らしさについて長々と語る、いやもはや言葉なしでも何かを共有することができるほどの仲の友人がいる。なんと幸せなことだろうか。

さてさてそれでは最近読んでる本について。

先日、ちょっとしたお休みをいただいたさいに今住んでいる寮の近くの図書館(公民館みたいなとこ)にようやく足を踏み入れることができました。


まずはCDチェック。
図書館においてあるCDは、基本的にそこで働かれている人の趣味などがもろに反映されていたりするので注意してみると意外と面白い。

パットメセニーが置いてあったときは、かなり嬉しかった。ここは期待できそうだ。
残念なのは、一度に一枚しか貸し出していないこと、かな。


次に本をチェック。
さすがに公民館レベルの図書館であるので、雑誌が全然置いていなくてがっかり。
日経サイエンスや日経エレクトロニクス、ダ・ヴィンチやスタジオボイス、文藝、サッカーマガジンなどは欲しかった。

ただ、文藝春秋があったのはよかった。うん。


一般の書籍に関しては、まあまあといったところ。
今回は、音楽コーナーにふと置いてあった上原ひろみの本と、前に読んだ茂木健一郎の「脳と仮想」、そして小説もなんか読むかと思って借りたツルゲーネフの「はつ恋」の三冊。

借りて二日でもう一冊半読んでしまいました。

読書は楽しい。
でも今一番したいのは、フットサル。

去年一緒のチームでやってた後輩と連絡をとってたら、今日練習試合をやったとかの話を聞いた。いいな、楽しそうだ。


BGM
BONOBOS 「Hover Hover」
[PR]
by gilarmin | 2007-04-29 00:51 | 日記

いー

放置しすぎましたね。記憶は忘却の彼方です。
なんかもう過去のことについて書くのは馬鹿らしいから、改めて書き始めますよ。

引越しのどたばたで、携帯の支払いが滞っていました。請求書が旧住居に届いており、22日に払わなければならないお金をたった今払ってきました。

22日まで、ということを気づいたのが昨日。どうりで携帯のサービスが中途半端になっているわけだ。もしかしたら今日全くメールが来ないのは、停止されたためか??

まあもう払ってきたので、いつから復帰するかわからんけど一安心です。
もし今日メールしてくれていた人、復旧したらすぐに返信いたしますので、ご勘弁を。

BGM
上原ひろみ「Green Tea Farm 」
[PR]
by gilarmin | 2007-04-26 22:38 | 日記

あー

どのくらい記憶に残っているかのテストですね、もはや。


3月20日
日本の首都に上陸した日。
昼過ぎにだらだらと到着。
だいぶウェストな地域なので、電車に揺られた時間は長かった。

引越し荷物の中の物干し竿が、ひん曲がっていたのはビツクリ。
その様子を泣きそうな顔で必死に誤っている引越し業者の人にもビツクリ。

適当に荷物を部屋(6畳)にぶち込んで、深夜のイベントに備えて夕方からちょっと仮眠。

そう、中学の友達が渋谷でタイコをたたくということで行って来ました、ファンクのイベント。初めてのファンクオンリーのイベントは中々楽しく、しかも踊っている人たちのダンスのレベルの高さに新鮮さを覚えて、二倍に楽しかったです。

肝心のタイコたたきの方のプレイもよかった。
いいもんですね。

ただ、朝までにその場にとどまることは結構厳しかったので、ファミレスで同行したY中と始発を待つことに。

こんな感じの東京初生活日。


3月21日
帰宅して即刻眠りの中へ。
夕方に起きる。もはやダンボールの山など目に入らない。

新生活の拠点となる寮の付近を探索。本屋で雑誌と書籍を買う。
沖野修也の本は面白かった。

寮の風呂も気持ちよかった。これから快適な生活が送れそうな予感。


3月22日
魔都・新宿で高校の友達Hやしと大学の友達S田と遊ぶ。
この組み合わせは大学3年の時に広島までヒッチハイクで行ったときの、大阪におけるパーティー編成。

S田が少々遅れたため、新宿のディスクユニオンのオルタナティヴ館でいろいろ視聴。
合流した後、社会人S田にタヒチカレーをおごってもらう。昼飯。ごちそうさま。

長時間の滞在の後、多忙のS田と別れ、Hやしと高島屋でいろんなものを物色。
そしてアキバへ。電気タウンでも物色の続き。

夜飯はHやしが、俺の就職のお祝いとして高めのステーキをごちそうしてくれた。ゴチ。

んで明日の卒業式のために実家に帰る。

あー、素敵な日だった。


3月23日
卒業式。
それ以上でも、それ以下でもない日。

祝福してくれた人も、くれなかった人もありがとう。



…まずはここまで。続きはまた明日にでも。

BGM
安藤裕子 「TEXAS」
[PR]
by gilarmin | 2007-04-04 00:39 | 日記